少年ハリウッドの作画について

驚異の手描きライブアクションアニメーション「少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR YOU-完全版」では、およそ3万枚の動画が使われています。


本日は撮影前の、動画ができるまでを、カット袋の中身を見ながらご紹介したいと思います。


1 カット袋

カット袋には、ひとつのカットにおける

★資料

★レイアウト

★原画

★動画

★タイミングシートなど

すべての要素が含まれています。

袋の中身は、レイアウトさん、作画監督さん、原画さん、動画さんと様々な人を経て、撮影さんへと渡ります。


ちなみに今回のプロジェクトでは、G=ハリウッドルール1・2・5 17=17カットめ

となっています。


2 レイアウト


レイアウトは、絵コンテ(ライブアクションの動画のコマ)を元に動画のフレームを決めます。











3 レイアウト作監修正

担当作画監督によるレイアウトの修正です。










4 レイアウト総作監修正

総作画監督によるレイアウトの修正です。










5 原画

原画担当による原画










6 原画作監修正

原画作監修正。黄色い用紙は白い用紙の元絵にかぶせる形で、修正や、動画の動きを表しています。







7 動画

動画担当が原画を元に、手描きで作画します。近年では、原画から動画にする工程をデジタルで行う場合もあるそうですが、少年ハリウッドは手描きで行っていました。








カット袋に入っている原画(抜粋)



カット袋に入っている動画(抜粋)


タイミングシート

 どのコマが何フレーム使われるか、詳細が書いてあります。

 撮影された動画の一枚一枚は、こちらのタイミングシートをもとに、本編で使われるコマ数が決まっています。



こうして撮影された動画のコマは、タイミング通りに並べられ、色をつけれらて、効果をくわえられて、本編に編集されます。

作画の段階から、実に様々な人の手を経て、メンバーの血肉が作られているのがおわかり頂けたでしょうか?



1,502回の閲覧

© 2016 HOLLYWOOD FACTORY