ZEN THE HOLLYWOOD 横山善之 ・ 聖誕祭ライブ時の決意表明、全文掲載

ここで僕から皆さんにお伝えしたいことがあります。
ZEN THE HOLLYWOODは、トラちゃんが卒業して4人になりました。
4人になって、もちろんぜんハリはこのまま大丈夫です。
やっていける自信があります。

だけど、僕個人としては、やっぱりこのままじゃダメだなと思っています。
そういう思いが強くなりました。
最年長として、やっぱりぜんハリを引っ張っていく立場にいなきゃいけないと思います。

だけど今は、やっぱりどこか頼りないと思われていると思っていて、
それはライブ中とかで結構真面目な話をしている時も
割とクスクスって聞こえたりとか、
そういうのを見て、ああそう思われているんだなって思う時があって。
それはもちろん僕のせいです。
だけど変わらなきゃいけないなと思っていて、
そういう思いを……どうにかしたいという思いを……
ハリウッドファクトリーの代表の橋口さんに伝えたんですけど、その時に
「じゃあ、一人でも立てるようにしなきゃいけないね」
と、いう言葉をいただきました。

本当にその通りだなと思っていて、その時に言っていただいたのが
「フルライブを一人でやってみてはどうか?」
という事でした。
それを聞いた時に、やっぱり、お客さん来るのかなっていうのと、
あと、一人でフルライブを20曲以上ですかね……を、ひとりでやりきれるのかっていう事が
すごく不安で、だけどやっぱり最年長として先を走らないといけないなと思っていて。
いつまでもメンバーに引っ張ってもらう立場にいたらいけないなと思って、
なので、それを受ける事にしました。

さっき、少ハリ、ぜんハリ夏祭りのサプライズDAY1日のお話があったと思うんですけど、
もう1日(サプライズは)あるんですよ。
その1日は横山善之ソロライブを行います。
ソロライブタイトルは

『3.0』

です。
生身の人間として、3次元の等身大の人間として、男として、皆さんの前に立ちたい。
そして、最高のステージにしたいと思っています。
なので、皆さん、足を運んでいただけたら嬉しく思います。

今日この生誕祭で、僕からお伝えしたかったのは以上です。

<2017年6月24日 とても歌って踊る1時間ライブ・ハリウッド編 横山善之MCより>