ZEN THE HOLLYWOOD 80’s 解進について

ZEN THE HOLLYWOOD 80’s 解進について

いつもZEN THE HOLLYWOOD 80’sの応援、誠にありがとうございます。
このたび、約4年、候補生時代から数えると約5年活動して参りました、ZEN THE HOLLYWOOD 80’s(ぜんハリ)がそれぞれの道に進むことになりました。
一般的には解散という言葉になるとは思いますが、ここはメンバーより別の表現を選びたいという希望もあり「解進」という言葉で表現させて下さい。

理由、解進までの意思について、長くなりますがお話させて下さい。
ぜんハリは、ひとつの節目を約5年、具体的には、全員が成人するまでは続けようと、メンバーとの間で約束しておりました。
その約束をしたのは、活動を始めて1年と数ヶ月経つ頃です。
あるちょっとした悔しいことがありました。
ただ、そんなに大きなことではなく、でもそこにいた全員が少し涙目になるような出来事でした。
そんな中、自分たちを見に来て下さるお客様が1人でもいる限り、今はどんな状況でも頑張り続けたいというメンバー達に「最年少の阿部が成人して、今日のことを、あんなこともあったよねと笑いながら乾杯できる日までは続けよう」と、ひとつの約束をしたのです。
その約束を守るべく、ハリウッドファクトリーという会社が生まれることになろうとは当時は思ってもみませんでしたが、皆様が応援して下さったおかげで、彼らが新しい楽曲に出会う環境、歌い続ける環境は今日まで守られ続けてきました。
本当に、どんなに感謝しても足りません。
ありがとうございます。

時は流れ、加入当初は15歳だった最年少の阿部は、今年めでたく20歳を迎えました。無事、メンバー全員成人し、約束の時が来たのだなという思いと、様々なことを乗り越えながら、皆様のおかげでここまで走ってこられてありがたいという気持ちが全員の中にありました。だからこそ、きちんとぜんハリと向き合い、約束の時がきたからとやみくもに決めてしまうだけでなく、この先続けるということも選択の中にいれながも、それぞれの未来について語り合いました。
もちろんメンバー全員、ぜんハリが好きであり、このままおじさんになってもぜんハリでいたいという気持ちは、今でも熱くあります。ただ、大切だからこそ、皆さまと作り上げた今あるアイドルとしての純度を大切にし、ぜんハリはぜんハリのまま皆さまの中でずっと生き続けたいという、いわばアイドルの業とも言える思いが決断の背中を押したもうひとつの理由でもあります。
時の流れとともに、20代後半のメンバーも出てくる中で、人として個々の身の回りの環境の変化は当然訪れ、選ばなければならない他の人生、選び取っていこうと思う他の人生が訪れたことも、また理由です。
ただただ若かった彼らが、人生と向き合い、ぜんハリである間に、いち人間として新たな道を探るという季節が訪れたことは、大変喜ばしいことであります。
その今後の人生、解進への思いにつきましては、メンバーそれぞれからコメントをお伝えしておりますので、ご覧頂ければ幸いです。
それぞれのメッセージにもありましたように、個人の環境や年齢的なことも考えた上で、ぜんハリの活動を最後に芸能界以外の環境を選ぶメンバーが多いため、解進後の進路の詳細については、未来ある彼らの為に言及しないことをお許し下さい。
ただ、全メンバー通してひとつ言えるのは、自分たちの為だけに選んだ道ではなく、ぜんハリにとって何がいいのかという本当の優しさとも向き合った、とても前向きな決定と言えることです。

今日まで、何があっても走り続けてきた ”ぜんハリ” という名のもとに、今も誇らしい気持ちで立っている、笠井薫明、横山善之、皇坂明希、阿部悠真。
この4人は、その日までぜんハリとしてこれまで以上に走り続ける強い意志を持ち、皆様と全力で楽しむことができる時間が残されている幸せを噛み締めて進みます。
解進日は7月16日。
その日までは「最高のいつも通りでいたい」「最高のいつも通りでいてみせる」とメンバー一同申しております。
これまで応援して下さった皆様、そしてこれから出会う皆様、ぜんハリに関わるすべての皆様との時間を大切に過ごしながら、とてもぜんハリらしいその日を迎える予定です。

「この世界にぜんハリはいたんだという証を、その日までに絶対に残したい」

解進日が決まった時、メンバーの横山が伝え、メンバー全員その気持ちは同じだと言いました。
そして、すでに皆さまの存在そのものが、その証だと感じております。
どうか彼らの歌や笑顔を、その胸に刻みに来て頂ければ嬉しいです。
これまで応援して下さった皆さまも、今日このお知らせを通じて、彼らを初めて知って下さった方も、ほんの少し興味を持って下さっている方も、ハリウッドプロジェクト内のライバルアイドルである少ハリのライブやダンスを通じて彼らを知って下さっている方も、どなた様も心よりお待ちしております。

突然のことで、様々なお気持ちの方がいらっしゃることと存じます。
彼らは、皆様の、どんな感情も受け取りそのすべてを宝物にすると申しております。
ただ、ひとつだけ心配していたのは、それぞれの道に進むことが決まったこの状況を「アイドルとして遠い未来の約束ができない存在を見るのは辛い」と思いつめてしまわれる方がいらっしゃるのではないかということでした。
ぜんハリは今を生きるアイドルです。
出会った皆様と今を作り続け、生まれたお互いの笑顔が、皆様とぜんハリの、解進のその先の未来をも作り続けるとぜんハリは約束し、全力でPLAYします。
そして、何より、楽しさは必ず保証する、笑顔になっていただける時間を必ずつくると申しております。
みなさまに元気になっていただいて、笑顔で共に解進し、この先の長い人生のかてにしていけるような、この先をずっと照らしてくれるような暖かい光を放つ日々を一緒に創らせていただけたら一同、ありがたく思います。

なお、ぜんハリのお手伝いをしてくれている弟ユニット、わかハリに関しましても、受験を控えているメンバーもいる為、大切な時期に入りますので未来のことを考え、ともに7月16日で解進させていただきます。
少年ハリウッドに関しては、今後も弊社でかわらず様々なことを進めてまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

改めまして、解進する彼らの前向きな思いを、ご理解いただける皆様がひとりでも多くいらっしゃり、華やかな解進日を迎えられましたら幸いです。
今まで以上にパワフルになってゆくZEN THE HOLLYWOOD 80’sを、どうぞよろしくお願い致します。

ハリウッドファクトリー 代表取締役社長
橋口いくよ